バイオマス発電と太陽光発電

バイオマス発電と言われて説明する事の出来る人の方が少ないのではないでしょうか。

これは簡単に言うと、

廃棄物系と栽培作物系の2種類を燃料にして、更に水を熱して出てきた水蒸気を使いタービンを回します。

そうする事によって発電する発電方法の事を言います。

バイオマス発電の燃料に使われるものは廃棄物系と、栽培作物系の2種類。

廃棄物系と呼ばれる燃料は

廃材やチップ(木屑)の事を指します。

一般家庭からチップを出すことはなかなかありませんが、工場などは一般家庭と違い非常に多くのチップを出します。

それらを燃料とします。

栽培作物系と呼ばれるものは、サトウキビ、とうもろこし、海藻などを栽培して燃料にします。

これを燃やす場合と加工して使う二通りの使用方法があります。

とうもろこしの糖分やサトウキビを発酵させて、アルコールを作ります。

海藻も発酵させるとメタンガスが発生し、そのガスを燃料として使用することが可能です。

石油や資源の枯渇問題があるので今注目されている発電方法です。

なんだか少し難しい発電方法なのですが、枯渇問題に対応できるのであれば、いち早く取り入れて太陽光発電と共に推奨して欲しいですね。

太陽光、バイオマス、地熱、それが一番良いのかは人によって違うと思いますが、それぞれ見合った用途があるはずです。