ダブル発電と太陽光発電

最近、CMなどでダブル発電という言葉を聞いた事はありませんか?

CMだけでは、何の事か全く分からなかったのですが・・・

ダブル発電とは、エネファームと太陽光発電のダブル使いのことです。

じゃあ、エネファームって??ってなりますよね。

エネファームとは、都市ガスを利用して作る電気とお湯の事です。

日中の電気は、太陽光発電でまかない、夜の電気はエネファームでまかなうと言う仕組みです。

このエネファームで作られた電気は、法律上の問題で売る事は出来ません。

しかし、このシステムもかなりエコ等言えるでしょう。

しかし、ガスを作る段階でエコではないのかもしれません。

そう思うひとも多いでしょう。しかし、ガスの方が地球には優しのです。

ではなぜ、オール電化を進めているのでしょうか。

それは、消費者の問題でオール電化の方が安いのです。

しかし、オール電化は増エネと言われるくらいエネルギーを消費するのです。

消費者の問題ですが、オール電化の方が節約になるのでオール電化が広まったのは事実でしょう。

しかし、地球の事を考えるとガスの方がエコなのです。

こういったことから説明されると、エネファームは地球にやさしく、電気を作れるのでとてもメリットがありますよね。