再生可能エネルギー

再生可能エネルギーを御存じですか?

現在の我が国の主要なエネルギー源は、石油、石炭等の化石燃料は数に限りがあるエネルギーなのです。

これに対し、太陽光や太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱等のエネルギーは一度使っても比較的短時間に再生が可能であり、資源が減らないエネルギーなのです。

これを「再生化のエネルギー」といいます。

石油や石炭等のエネルギーに変わるものとして国も導入を呼び掛けています。

そこで、今の日本ではその中でも家庭で発電出来る「太陽光発電」の普及が広がっています。

太陽光発電は、太陽の光で発電するものです。

なので、資源は太陽なので、資源が無くなる事は太陽が無くならない限り大丈夫でしょう。

この太陽光発電がなぜ広まりつつあるのか。

それは、発電時に二酸化炭素を排出しないからです。

これは、発電時に二酸化炭素を排出してします火力発電とは大きく違います。

太陽光発電は、危険な物質や体に有害なものを排出しません。

これは、原子力発電と大きく違う所です。

この様に、これだけでも太陽光発電に変えるだけのメリットは大きくあります。

自然からエネルギーをもらい、自然に帰る。

そひて、そこからまたエネルギーが作られるのです。こんなに良いサイクルは無いでしょう。

空気も汚さない自然エネルギーの発電方法なのです。

この発電方法のメリットはまだあります。

家で発電し電力を電力会社に売れると言う事です。

これにより、上手く使えば毎月の電気代がプラスになるかもしれません。

しかし、太陽光発電だけに頼れるものでもないのです。

そう、太陽光発電は夜の間は発電しないのです。

発電した電気も蓄電出来ないので、発電して、その電気を日中、使い余った電気は売ると言うシステムです。

これにより、太陽光発電を始める人はとても増えてきたと言います。

この売電時の売電料金が10年間一律だということも魅力でした。

しかし、今から始める人にとってはすこし不利かもしれません。

なぜなら、この平成25年から1kw40円台が30円台まで下がるそうです。

これには、びっくりですね。

しかし、太陽光発電の普及によりコストもだいぶ下がってきているのが大きな原因だそうです。

やはり、始めるタイミングはなかなか読めないのが現状でしょう。

補助金の制度も復活しては、廃止する繰り返しです。

もうすこし、この地球環境の事を考えているのであれば、こういった制度にももっと法律を作ってがっちり固めるべきではないでしょうか。