どうしたらフランスF1の観戦方法が安くなるかの解説

F1とはFormula Oneの略称のことで、国際自動車連盟が開催する世界最高峰のレースのことです。日本を含め、フランスやドイツなど世界各国で世界選手権が開催されています。参戦するチームは12チームに限定されていて、参加チームは車体を制作しているコンストラクターでなければならないなど、細かく規定されたフォーミュラカーを使用しなければならないなどのルールがあります。レースで使用されるフォーミュラカーには、フロントウイングとリヤウイングと呼ばれる前後に付いた羽が特徴的で、この羽により走行中の空気抵抗を調整できます。走行中のマナーもあるので、違反した場合には、スターティンググリッドの降格などペナルティを課せられます。レースごとの順位によって与えられるチャンピオンシップポイントでチャンピオンが決定します。

フランスで開催されるF1サーキットとはどんなものか

世界各国で開催されているレースですが、F1初心者には、まず日本国内で行われるレースを観戦することをおすすめします。なぜかというと、国外で開催されるレースは、現地のサーキットに行くまでの交通費や移動時間もかかるからです。日本国内にも三重県に鈴鹿サーキットがあるので、最初は国外よりも気軽に行くことができる国内サーキットでの観戦から初めてみるといいでしょう。フランスのサーキットには、南フランスの最大都市のマルセイユにあるポールリカール・サーキットがあり、トヨタがF1参戦していた頃には、テストコースとして使用されていたこともある。南フランスは観光地としても立地に恵まれていて、サーキット近くにはアルルやカルカソンヌといった有名な観光地が近くにあるので、観戦がてら観光もできるところも魅力です。サーキットは、長いストレートのコースと低中速コースが混在するところが特徴です。

フランスのF1GPを観戦する時のポイント

フランスのF1を観戦することが決定したら、まずチケットを取らなくてはいけません。チケットは日本国内でのレースに比べると割高になるので、より安くチケットを購入するには、旅行会社が販売しているツアー観戦がお得です。レース観戦は、スタンド席を含めた好きな席で観戦できるチケットを手配してくれたり、空港からホテルへの送迎車が専用の送迎車になるサービスもあります。メイングランドスタンドは、目の前がピットになるので、ピットイン作業の様子を間近で見られることができ、決勝レースの前には整列するマシンも見ることができます。また、1コーナー シルバーは低速コーナーになるので、走行中のマシン撮影がしやすいところが特徴です。席は、目的や好みに合わせて選ぶといいでしょう。燃油サーチャージなどの追加料金が不要など、様々なお得なサービスがあります。過ごしやすい気候なので、観戦時には、長袖か半袖シャツが望ましいです。